元騎手らを競馬関与停止ばんえい馬券購入事件

北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬」の元騎手らが馬券を購入し、競馬法違反罪で罰金の略式命令を受けた事件で、市は13日、元厩務員4人を競馬関与停止3年、元騎手1人と元厩務員5人を同2年とする行政処分を決めた。

また、調教師7人を指導監督不十分として戒告処分にし、調教した馬の着順に応じて市が支払う手当を20日間停止した。米沢則寿市長は「信頼回復に向け、一層の対策を講じ全力で取り組む」とのコメントを出した。

起訴状などによると、元騎手らは昨年4月から12月までの間に、インターネットのサイトを通じて、ばんえい競馬の馬券を購入したとされる。競馬法は不正防止のため、地方競馬の騎手や厩務員が地方競馬の馬券を購入することを禁じている。

あなたはこの事件を知ってどう思いましたか?

八百長的な事はやっていないという感じではありますが、これでばれずに馬券購入している関係者などがいると思ってしまいますよね。

ばんえい競馬はこれだから怖いし、勝負したいと思わないですよね。

地方競馬も実際に大きな事件はありませんが、どうなのやら。

馬券買う側からしては、とにかくそれでも的中して儲かれば問題ないですが、裏で設けている人がいると思うと気分が良くないですよね。

こんな事件が起きると一生懸命やっている人がほとんどなのにその人たちまで、変な目で見られてしまうのが、ちょっと残念ですね。