「月の収入アップ」メールに電話

福島県広野町に住む50代の会社員男性が、競馬の必勝情報の提供を持ち掛ける会社の社員を名乗る男の話を信じ現金約640万円をだまし取られていたことが6日、双葉署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件として調べている。

同署によると、男性の携帯電話に3月下旬、「月の収入アップ。やる気次第で副収入30万円」と書かれた、必勝情報の提供を持ち掛ける会社からメールが届いた。男性がこの会社に電話し、賭け金2万円を指定された口座に入金したところ、払戻金数千円が数回にわたって男性の口座に振り込まれたという。

その後、この会社の社員を名乗る男から「高配当が確実なレースがある」と持ち掛けられ、男性は賭け金と手数料74万円を入金。さらに「レースに勝った。払戻金2490万円が支払われるが、税金400万円が必要」などと言われたため、数回にわたって計約640万円を振り込んだ。男と連絡が取れなくなり、男性が同署に相談したことで被害に遭ったことが分かった。

今回の事件に関してですが、最初の2万円振込後に、何度か見返りとして振込があったようですね。

その時点で、信頼してしまったのでしょう。

このように信じてしまうと、金額が増えることに対して抵抗がなくなってしまうのは、わかりますが、ここをどうやって自分を制御できるか。

難しいところですね。

失敗しているという点は、馬券を自分で購入していないところですね。

馬券を買ってもらうということは絶対にしてはいけません。

馬券は必ず自分で買いましょう。

「高配当が確実なレースがある」と言われた時は、これが本当か嘘かは判断することはできないかもしれません。

だったら馬券は自分で購入するので、情報を教えてください。と言っていればここまでの被害額になることはなかったでしょう。

ここで、馬券購入も相手側がしつこくやりますと言われれば、危険すぎるのでそこでこちらから連絡しなくて、なかったことにしましょう。

電話番号を知られている時点で、何度も連絡が来るかもしれませんが、そこはもう、番号を変更するなり、何らかの対策をしていかなければなりません。

自分で、連絡してしまった時点で、自分のミスです。

ここはしっかりと割り切りましょう。

基本的には電話でのやり取りは、競馬情報サイトではほぼ不要です。

インターネットかメールで情報を受け取ることができます。

電話でのやり取りは簡単かもしれませんが、オススメではありません。

それにしても、そのあとの高額配当的中しましたが、税金がかかると言ってその金額を振り込まないと配当金を振り込めないというやり方は・・・。

初めてそのようなやり方を今回知って、怖いと思いました。

確かに、競馬での配当金には税金がかかるので、そこをうまく利用した巧みな詐欺ですね。