競馬巡り2千万円詐欺被害

富山県警射水署は9日、同県射水市の50代の女性が、競馬レースの賭け金名目で2千万円をだまし取られたと明らかにした。詐欺事件として調べる。

射水署によると、2月下旬、女性のパソコンに副業を勧めるメールが届き、自身の携帯電話番号を書いて返信。男から電話があり「競馬の出来レースがあり、1万円賭けてほしい」と言われ、指示された口座に1万円を振り込んだ。

その後「千倍になる」などと言われ、今月2日までに約50回、計約2170万円を振り込んだ。5日になって男と連絡が取れなくなり、同署に相談し詐欺と分かった。

このような事件が起きているようです。

私がこの記事を読んでびっくりしたのが、振込回数が約50回となっていますが、それまでに早い段階で気付かないのか?

と思ってしまいました。

気になるのが、競馬の情報を提供してもらえていたのか?

振り込んだ金額が2170万円だが、逆に振り込まれた金額もあったのかもしれないですね。

一度も見返りがない情報に支払い続ける人は、いないはず。

ここで、詐欺に騙されないためのポイントとして2つ上げておきます。

まず、馬券購入は自分ですることです。

馬券購入を任せてしまうと、馬券的中時に支払われる配当金を受取るのは自分ではなくなるため。

悪質な競馬情報会社はこのような手口が多いです。

馬券購入は必ず自分でやりましょう。

競馬予想提供サイトはあくまでも、的中確率の高い情報をもらうだけです。

めんどくさいかもしれませんが、自分でやるべきことはやりましょう!

この事件に関して、もう1つ確認しておくべき点です。

まず、副業を進めるメールから競馬情報へと利用者を集めています。

何かわからない副業メールには手を出さないこと。

しっかりとしている競馬情報サイトは競馬以外の方法で利用者を集めることはしません。

最低でもこの2つを理解していれば、このような事件になる前に自分で気付くことができる事件の内容です。

よく、覚えておきましょう!